内臓脂肪燃焼カロリー講座

内臓脂肪が気になる方へ内臓脂肪燃焼のためのカロリー摂取&消費のコツを紹介します。

内臓脂肪燃焼=カロリーコントロール

内臓脂肪燃焼point1:カロリーコントロールで燃やす

内臓脂肪症候群で問題の根源となる「内臓脂肪」を落とすのに有効なのは、カロリーコントロールです。結局、内臓脂肪型肥満にしろ、皮下脂肪型肥満にしろ、肥満の原因は、摂取したエネルギーを消費しきれてなから、だからです。特に、内臓脂肪燃焼には激しい運動は必要なく、軽い運動とカロリーコントロールで十分に達成可能です。このサイトでは、特に内臓脂肪燃焼に有効なカロリーコントロールについて、紹介していきます。

内臓脂肪燃焼point2:食事のタイミングと栄養バランス

内臓脂肪燃焼にポイントをおいているかどうかにかかわらず、世間ではいろいろなダイエット方法が紹介されています。しかし、内臓脂肪を燃焼させることをメインに考えた場合、食生活の原則はこうなります。「特に食べてはいけない食品はない。ただし、食事のタイミングと栄養バランスは大切」。世間で言われている「●●ダイエット」では、特定の食品を禁止したり、逆に特定の食品ばかりを食べることを勧めていたりします。そのような方法は、生活を大幅に変える必要があるため、続けることが難しくなります。また、身体にも悪影響を与える恐れがあります。内臓脂肪を燃焼させるためには、そのような極端な方法は必要ありません。ただし、食事のタイミングと栄養バランスだけには注意する。これが、内臓脂肪の燃焼、そして、ゆくゆくは内臓脂肪症候群予防につながっていくのです。では、次に、その食生活について、細かく見ていきましょう。

内臓脂肪燃焼point3:エネルギーを余らせない食生活

内臓脂肪をつけない&内臓脂肪燃焼のためには、まず第一に、摂取したエネルギーを余らせないことです。余らせることが内臓脂肪になっていくからです。余らせないための第一歩は、自分の身体の適正エネルギーを知ること。この適正エネルギーというのは、身体の大きさ、運動量などによって変わります。またのちほど、この適正エネルギーの算出方法をご紹介しますのでお楽しみに。そして次に、食べるものの内容です。簡単に列挙しておきます。まず、油(脂肪)は、種類を選んで適量を摂るようにする。コレステロールは控えめにする。抗酸化食品(ビタミンA,C,Eなど)を積極的に摂る。食物繊維を十分に摂る。カリウムや葉酸(ビタミンB郡の一種)を十分に摂る。塩分を控えめにする。甘いものやアルコールも控えめにする。以上の内容が内臓脂肪燃焼のためには、効果的です。そして、最後に、重要な食事のタイミングについて。一日三食食べる。これに尽きます。食事回数を減らすと、身体は次にいつ栄養を得られるのかを不安に感じ、脂肪として貯めようとするので逆効果になってしまうのです。